昨年の6月に酒米の田植えを体験しました。
播磨日本酒プロジェクト 愛山の田植え

田植えから稲刈り、最後に蔵で瓶詰めして自分のオリジナルラベルを作成するのが全行程でしたが、仕事が休めなかったので、田植えしか参加出来ませんでした。

それが壺坂酒造さんによって商品化されました。
雪彦山 播磨古今 愛山1801

「播磨古今」と「愛山1801」という商品で、即完売したようです。蔵にはもう在庫は無いそうです。
なんと・・・
播磨日本酒プロジェクトさんから、稲刈りも瓶詰も、試飲会も参加出来なかった、まぁころに・・・
この2本が届きました。
オリジナルラベルで・・・
雪彦山 日本酒 愛山

とても貴重で、まだ手をつけていません。
さて今年も案内が来て・・・即参加の返事をする。
播磨日本酒プロジェクト ファームハウス

夢前の田んぼへ・・・
参加者は31名でした。遠方からの参加もあり、壺坂酒造さんも親子で参加されていました。
なかなか手に入らない「愛山」という酒米です。
愛山の田植え 

人数が多かったので、全て手植えする事になりました。
播磨日本酒プロジェクト 酒米の田植え

今年も気合が入る・・・
愛山の田植え

気合を入れていると・・・
隣に居た子供がおにぎりせんべいを1枚くれた。
おにぎりせんべい














(*・ω・)ノアリガト
















「まぁ、おばちゃんこれでも食べて頑張って」くらいの気持ちだったのかな・・・

手植えしても1時間程度で終了した。
お疲れ様のビールをもらって・・・
愛山の田植え 後ビール

近くの公民館でお昼を食べました。
お米はファームハウス飯塚さんのお米
姫路 お米 ファームハウス

もみ殻で炊いたのかな・・・
姫路 ファームハウス もみ殻炊き

農家HANDS(ハンズ)特製弁当です。
農家HANDS 特製弁当

全てこのイベントの為に準備されたもので、非売品です。
お品書きも手作りです。
農家HANDS 特製弁当 メニュー
農家HANDS 特製弁当 夢やかた

お弁当以外にも、農家HANDSの野菜のぬか漬け
農家HANDS 野菜の漬物

人参の葉、ズッキーニ、胡瓜の漬物でした。
人参の葉が美味しかったです。
農家HANDS 野菜の漬物 

香寺町の有機農園ばんごんじんじい 神崎さんのえごまのニンニク醤油漬け
えごまのニンニク醤油漬け

これがめちゃくちゃ美味しい
昨年、神崎さんからえごまの葉を200枚近く購入して、毎日食べていました。
だいたい漬けて2日目が美味しいのですが、好みで3日目が好きな人も居ると思います。

漬けた醤油も炒飯に入れたり、えごま風ニンニク醤油なので美味しく使えます。
ご飯泥棒と呼ばれています。
これでご飯が何杯も食べれるからです。
姫路 ファームハウス 米

それと・・・
日本酒もありました
雪彦山 壺坂酒造

・・・壺坂さんお茶目な人だったけ
雪彦山 壺坂酒造 日本酒

蔵で最後の1本らしい。
昨年の播磨古今愛山1801
雪彦山 播磨古今 愛山1801 

他の人が食べ終えても・・・
吞んでばかりで・・・
本当に減らない・・・
農家HANDS 特製弁当 

田植えを終えて、姫路に戻り、日本酒Bar」さんで、さらに余韻を楽しむ
姫路 日本酒 試
姫路 日本酒 試 こころみ

食前酒は奥丹波さんの「ゆず酒」
姫路 日本酒 試 ゆず酒

肴に「えびマヨ」と「ふぐ皮ポン酢」
姫路 日本酒 試 肴

全然知らない人が隣で結構吞まれていて、ゆず酒を2杯吞むのが珍しく見えたのか・・・
「それ、美味しいんですか?」
と聞かれたので、
「・・・めちゃくちゃ美味しいですよ」
と答えると、影響されて注文されてました

序でに愛山1801も勧めると、注文されてました。
まぁころは老松酒造さんの善次郎の妻を吞み比べして・・・
善次郎の妻吞み比べ

田植えの疲れを癒して帰るのでした。
ごちそうさまでした。
また今年も始まったばかり・・・
夏には真夏の蔵開き、秋には稲刈り・・・そして瓶詰まで残ってます。
今年は全部参加する予定です