こちらのイベントに参加してきました。
播磨日本酒プロジェクト2017
2017-播磨日本酒プロジェクト 

前半(前編)は瓶詰めとラベルを作成する行程でした。
後半のお楽しみは「お披露目会」つまり新酒を味わう事と、地元食材の料理を味わう事です。

この企画は酒造り担当、壺坂酒造さん。
食の担当、農家HANDSのメンバー。
共に生産者です。生産者の地のモノが楽しめる趣向になっています。

昼食プレート
(後にプレートで良かったと安堵するのですが・・・)
播磨日本酒プロジェクト 昼食

お品書き
播磨日本酒プロジェクト お品書き

上がメニューで、下が生産者という表記になっています。
この日は農家HANDSメンバー総出で朝から昼食の盛付け作業をされていました。

農家HANDSとは「農家グループ」です。
各自が独立されているのですがグループになる事で、より魅力を見出せる・・・から結成したのか・・・それは知らない
分かりやすく言えば「農家SMAP」かな。

お米・・・リーダー
キャベツ、とうもろこし・・・香取君
彩り野菜全般・・・吾郎ちゃん
みたいな。。。個々に作っているモノが異なるのです。
(SMAP以上にメンバーは居ます。果物まで。これが正しい表現では有りませんが、分かりやすく言うとそんな感じです)
個性も異なると思いますが・・・
魅力ある地元の野菜ランチプレートでした。

ちなみに、このプロジェクトは田植え、稲刈りに全て食事が付いていて、生産者の獲れたて地元野菜が食べれる魅力のある企画なのです
あ、、、、お酒も付いてた気がする

旬の野菜が盛り込まれたプレート
播磨日本酒プロジェクト キャベツの糠漬け

竹の子は今が旬の太市の竹の子でした。
手前のキャベツはロールキャベツだと思ったのですが・・・










(☆゚∀゚)ゥマっ









キャベツのぬか漬けでした。
勿論「糠」はお米農家のリーダーの糠です。
播磨日本酒プロジェクト 肴

旬の野菜に添えられた花も全て農家HANDS作です。
それだけでテンションが上がりますっ
そして、最高に日本酒に合うっ
播磨日本酒プロジェクト 播磨古今

野菜プレートと言っても魚も肉もあります。
地元のお魚(お造り)
播磨日本酒プロジェクト お造り

そして、プレート内に姫路の豚肉「桃色吐息」と言う地産豚の焼き豚。
また、地元で獲れた猪の焼肉
播磨日本酒プロジェクト 鹿肉

添えられたお塩が、焙煎玄米塩でジビエ系に合いそうな塩でした。
播磨日本酒プロジェクト 鹿肉 

塩で日本酒が呑めます
深い味わいの塩でした。
さらにテンションがあがりますっ











♪(*´∇`*)♪♪

















そして、この日「ぬかくど」で米糠でお米を炊きました。
そう。酒米「愛山」を食べました
播磨日本酒プロジェクト 愛山 

「酒米」は美味しくないと聞きますが、全然そんな事無いと、最初のこの瞬間は思いました。
後にヒノヒカリと食べ比べると・・・
お米の食べ比べ

比べ物にならない程「甘み」に差がありました。
お米として美味しいと最初口にしたものの「甘み」により「旨み」が上回るのは・・・
日本酒もお米も一緒なのかな
お米としては「ヒノヒカリ」が勝ってしまったのですが、そもそも「愛山」という酒米が手に入りにくいと聞いています。
価値にすると「愛山」を食べるということの方が希少価値が高いのでしょう

お味噌汁の味噌もHANDSメンバーの味噌を使用した味噌汁でした。
最後は米 to 味噌 to 塩 to 日本酒を・・・
お米で日本酒を呑む

日本酒も「播磨古今」「愛山1801」だけの予定が・・・
種類が増えて・・・
播磨日本酒プロジェクト 日本酒各種

遠慮を知らないので、ここからの・・・
柚丸でエンジンをかけるっ
壺坂酒造 播磨日本酒プロジェクト 日本酒

他にコーヒーリキュールの試飲もさせてもらったり・・・
壺坂酒造 コーヒーリキュール

酒粕つめ放題も参加する
壺坂酒造 酒粕つめ放題

壺坂酒造さんの酒粕は日本酒がたくさん含まれており、蔵まで行かないと買えない酒粕です
これは買っておかないと・・・
壺坂酒造 酒粕

買物したり、また蔵の中へ戻り、バスの時間ギリギリまで呑んで過ごす
(プレートになっていて良かったです。呑んでばかりで・・・残りを持ち帰るのでした
播磨日本酒プロジェクト 2017

最後はお土産をいただいて帰りました。
このポップコーンも農家HANDS作です。
MOJA ポップコーン

ポップコーンになる前のコーンが甘くて美味しい
この「とうもろこし」に出会って3年、毎年食べています。
年に2度収穫シーズンがあり、神姫バス「バスの八百屋」さんの店頭に並びます。
スーパーでは手に入りません
そう。この日食べた食材はスーパーには並んでいない、そんな食材と日本酒を味わう事が出来る地元満喫プロジェクトでした

今年度も3年目の田植えの案内がありました。
年々参加者が増えていますが、たくさんの人に伝われば良いな。
応援したいと思います


播磨日本酒プロジェクト2017 田植えの記事